ご契約前に、重要事項説明を受けましたか?

不動産(マンション・戸建て・土地など)の売買契約や賃貸借契約を締結する前に、不動産業者は、お客様に対して、資格を持つ「宅建士」より重要事項説明を行う義務があります。重要事項説明を受けるのは、不動産取引において、安全な取引を行うためですので、しっかりと確認してください。

不動産取引の重要事項説明とは

宅地建物取引業法では、お客様がマンション・戸建て・土地などの不動産を購入するとき借りるとき、不動産会社は、ご契約までの間に、お客様に対して重要事項説明をしなければならない義務があります。

重要事項説明は、宅建士の記名と押印がある書面をお客様に交付し、宅建士証をお客様に提示して、重要事項のご説明をいたします。重要事項説明は、ご契約の前にするようになっていますので、必ず、宅建士よりご説明を受けてください。

内容は、お客様が「どのような不動産をご契約しようとされているのか」や「取引の条件」などが記載されていますのでしっかり確認してからご契約されてください。

 

必ず、宅建士証の提示を受けてください!

重要事項説明書への記名と押印は、別の誰かが勝手にしようと思えばできますが、宅建士証の提示だけは、宅建士にしかできませんので、必ず、見せてもらってからご説明を受け、ご契約されてください。これは、安全に不動産取引を行うためです。

重要事項説明の意義は、仲介業務等の適正な運営と公正さを確保し、お客様の利益を保護するためにあります^^