不動産を安心して購入するには

人生でもっとも大きなお買い物になるマイホーム!物件探しからご契約・引渡しまでの「不動産購入の流れ」をご説明いたします。不動産購入の流れを知っておくことで事前の準備や計画が立てやすく、安心してご購入していただけます。

 

不動産購入の流れ

ここでは住宅ローンを利用する場合の一般的な不動産購入の流れを初めての方でも安心して取引できるようご説明いたします。

 

1、物件の条件を整理する

物件探しの前に、希望の条件を整理する必要があります。住みたい地域、間取りや広さ、構造、予算や自己資金などを把握しておかれると不動産購入がスムーズに行えます。

2、資金計画

不動産購入には、物件価格以外にさまざまな諸費用が必要になります。不動産購入を成功させるためにも資金計画はとても重要になりますのでしっかりと計画しましょう。他にお借入がある場合は事前にお伝えください。

3、物件案内と内見

資金計画ができたら、条件にあう物件を探し、実際に見に行きましょう!資料や写真だけではわからないこともあります。内見の時は物件だけではなく、周辺環境などもしっかりとチェックしましょう。

4、購入のお申込み

購入したい物件が決まったら、売主様へ「購入申込書」を提出します。購入申込書はご契約ではなく、売主様へ購入の意志があることを証明するものです。その後、事前に住宅ローンの仮審査されることをおすすめいたします。

5、重要事項説明

ご契約の前に、ご契約の内容を十分に確認していただくために「重要事項説明」をいたします。その際にご不明な点などあるば、必ずお尋ねください。ご理解・ご納得がいただけましたら重要事項説明書に署名と押印をお願いいたします。

6、ご契約

重要事項の説明を受けた後に売買契約の締結をし、売主様へ手付金を支払い契約成立となります。通常は契約時に仲介手数料の半金を頂きますが、当社ではお支払い時期のご相談は可能です。

【ご契約時に必要なもの】

・売買契約書に貼付する印紙代

・実印、本人確認書

・売主への手付金

・仲介手数料の半金(相談可)

7、住宅ローンの申し込み

売買契約の締結後に、金融機関で住宅ローンの本申込みを行います。原則、ローンのお手続きはご本人様が行いますがご相談や代行は承っております。お申込み後、ローンの審査が承認されたら、買主様は金融機関との間で金銭消費貸借契約を結びます。

8、決済とお引き渡し

決済とは、残代金の支払いを行い、取引を完了させることです。買主様、売主様、仲介者、金融機関担当者、司法書士の立会のもとで、残代金・精算金の支払いを行い、引渡しとなります。その後、当日中に司法書士が法務局で登記の手続きを行います。

 

以上が不動産購入取引の流れになります。

不動産購入を成功させるためにも、資金計画や事前の準備を怠ることなく、ご契約前の重要事項説明をご面倒でもしっかりと説明を受けてください