不動産売却するときの費用

不動産売却には、売却に伴う諸費用があります。ご所有の不動産によってかかる費用が違ってきますので、どんな費用が必要になるのか事前に確認しておかれると、満足のいくご売却ができるかと思います!

 

不動産売却にはどんな費用があるの?

まず、売却による「手取金額」は、売却価格から諸費用やローン返済金額を支払って、手元の残った金額が手取金額です。ここでは一般的な諸費用をご説明いたします。

印紙代

契約金額の記載がある売買契約書に貼付する収入印紙です。売主・買主がそれぞれ契約書に貼ります。

契約金額 本則税率 軽減税率
100万円超え500万円以下 2,000円 1,000円
500万円超え1,000万円以下 10,000円 5,000円
1,000万円超え5,000万円以下 2万円 1万円
50,000万円超え1億円以下 6万円 3万円
1億円超え5億円以下 10万円 6万円

仲介手数料

仲介手数料は、国の定めで上限金額が決められています。売買価格が400万円を超える場合、売買価格の3%+6万円+消費税です。

 

抵当権抹消

不動産を購入されたときに、金融機関から住宅ローンなどの融資を受けていた場合は抵当権が設定されています。売却の際はこの抵当権を抹消しなければなりません。抵当権抹消の費用は、登録免許税と司法書士への手数料です。

 

ローン返済

不動産を購入されたときに、金融機関で住宅ローンの融資を受けていた場合は、金融機関に対してローンの残債を返済いたします。その際、金融機関へ手数料が必要になります。

 

不動産取得税

不動産売却で利益が出たときに課税されます。この計算はとても難しいので簡単にご説明します。不動産を購入したときの金額よりも高く売却できたときです。

譲渡所得=売却価格-(購入金額+売却費用)

譲渡所得税=譲渡所得×税率

※税率は不動産所得期間によって異なります。

 

その他の費用

その他に引越し費用も必要です。また、必要に応じて、土地の測量費や解体費用なども必要な場合があります。

 

最後に

税金に関しては、とても複雑で専門家の知識が必要になります。不動産屋の薄っぺらい知識でお客様へご迷惑をかけるわけにはいきませんので、具体的なご相談は、必ず、税理士や税務署で確認をお願いします。

 

 

 

次の記事

【新築売家】原6丁目