不動産売却を依頼するときの契約

不動産の査定後、「売却をしよう!」と決心され、売主様が不動産会社に仲介を正式に依頼するときに結ぶ契約があります。それは「媒介契約」といい、3種類の契約形態があります。媒介契約を結ぶのに費用は発生いたしません。

 

媒介契約はどれを選べばいいの?

媒介契約(ばいかいけいやく)とは、売主様が不動産物件の販売活動を不動産会社に依頼するときに結ぶ契約です。媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の契約があります。内容は販売活動の条件や成約ときの手数料などを明確にし決めておく契約になります。それぞれ特徴や違いがありますのできちんと理解していただき、お客様の目的にあった契約を選ばれてください。

専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社への依頼 1社のみでの契約 1社のみでの契約 複数社と契約可
売却主が発見した相手との取引 不可
レインズへの登録 5営業日以内に登録 7営業日以内に登録 登録の義務なし
売主様への業務報告 1週間に1回以上の報告 2週間に1回以上の報告 報告の義務なし
契約の有効期限 3ヶ月以内 3ヶ月以内 期限なし

「レインズ」とは

レインズとは不動産流通標準情報システムのことで、全国の不動産情報が集められたサイトです。このレインズのサイトで売主側業者や買主側業者が不動産物件を閲覧し、情報を共有することができるネットワークシステムになっています。

不動産業者は売主様と媒介契約を結んだら、不動産業者は「レインズ」に物件情報を登録し、全国の不動産業者がレインズで購入されるお客様の物件を検索し、購入物件を探しています。そのためには不動産業者はレインズに売り物件を登録し、多くのお客様へご紹介ができるようになっています。そして、売主様は必ず不動産業者から登録証明書を受け取って確認してください。

 

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、かなり縛られた契約で売主様の自由度も下がります。まず、仲介の依頼は1社のみでしか媒介契約できません。この点は専任媒介契約と同じですが、専属専任媒介契約は、売主様が自分で見つけた購入希望者との契約(自己発見取引)の場合でも仲介業者を利用しなければなりません。また、不動産業者によっては「囲い込み」をされる可能性もあります。ここでは囲い込みの説明は省きますが、気になる方は「大手不動産 囲い込み」で検索されてください。囲い込みは媒介形態がどれであっても可能性があります。

 

専任媒介契約

専任媒介契約も1社のみでしか媒介契約はできませんが自己発見取引は可能です。一般媒介契約と比較すると、専任媒介契約は「レインズ」への登録義務があることと、活動報告義務があることです。レインズへ登録することで早めに購入希望者が見つかる可能性が高まります。

 

一般媒介契約

とてもゆるい媒介契約です。まず、複数の不動産業者に依頼でき、自己発見取引も可能です。しかし、不動産業者はレインズへの登録義務もなく、売主様への活動報告義務もありません。そして、複数の不動産業者に依頼すると、売主様がすべての不動産業者と連絡などやり取りする必要があります。依頼する業者が多ければ、その分、手間になってきます。

 

 

媒介契約は売主を保護するための契約です!

次の写真の上部分をご覧ください。

「この媒介契約は、国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく契約です。」と記載してあります。

この記載があることを確認し、下記の内容も確認してください。

・他社への依頼は?

・自己発見取引は?

・レインズへの登録は?

・活動報告は?

・契約期間、仲介手数料など

 

どのば媒介契約で締結するかは売主様が決めることができます。媒介契約は仲介のトラブルを防ぐためと売主様の利益を守るためですので必ず媒介契約を結ばれてください。