中古住宅購入の手付金は?

中古住宅を購入するときに必要になる「手付金」とは、不動産の売買契約を締結するときに買主様が売主様へ支払う金銭のことですが、手付金には「証約手付」「解約手付」「違約手付」と3種類あり、中古住宅の購入の契約では「解約手付」が一般的です。手付金についてご理解いただき、購入のご契約をお願いします(^^)

手付金の支払い時期について

まず、手付金はいつ支払うの?ということですが、原則として、売買契約締結と同時に買主様が売主様へお支払いいたします。支払い方法は現金です。金額が大きい場合はお振込みを希望されますが、着金の確認が取れるまでお時間がかかるため午前中にお願いしています。また、契約日よりも前にお振込みをされる場合も注意が必要です。「お金だけ振込んで契約せずに逃げられた」なんてことにならないようにですので、おすすめはできません。

 

中古住宅購入の解約手付とは

解約手付とは、売買契約を締結して、履行されるまでの間に「売買契約を解除したい」と思ったときに、買主様は手付金を放棄することで契約解除できます。また、売主様は手付金の2倍額を買主様に支払うことで売買契約を解除できます。という内容です。

 

手付金は返ってこない?

手付金は、売買価格の一部になります。それと、契約を解除する場合も手付金は返ってきません。手付金が返ってくる場合としてあるのが、「ローン特約が適用されたとき」や「売主様からの契約解除」などのときは返ってきます。「ローン特約」とはですが、金融機関で住宅ローンの審査が通らなくて、お借入ができなかったときは手付金が返ってきます。

 

手付金の相場は5%~10%

手付金の相場は5%~10%ぐらいが多いのではないでしょうか。売買価格が2,000万円の手付金10%で200万円ということになります。たまに、自己資金が少なくて…という買主様もいらっしゃいます。その時は、売主様にご事情を説明し、合意を得る必要があります。

 

まとめ

手付金は、住宅ローン融資前に支払うことになりますので現金の準備が必要です。手持金0円での住宅購入は難しくなります。手付金は、売買価格の一部になり、住宅ローンの融資金額には含まれません。売買価格から手付金を差し引いた金額が融資されます。なので、自己資金には余裕をもって住宅購入をご検討されることをおすすめいたします。