住宅ローンの返済で悩んでいる方へ

何らかの理由で住宅ローンの返済に困り支払えなくなりそうな方や、すでに滞納している方は早めの対策が必要です。人生には予期せぬ事態がおこり、住宅ローンの返済ができなくなることもあります。そんな時は、一人で悩まずに相談することです。

 

まずは金融機関に相談を!

すでに2~3ヶ月滞納している場合、督促状が届きますが、すぐに追い出されることはございません。滞納した場合は、すぐに金融機関に相談してください。今後の返済についての条件を緩和していただける可能性もあります。そして、滞納が3ヶ月以上になる方は、競売になる可能性が高くなります。そうならないためにも、早めの相談をおすすめします。

 

任意売却という方法

任意売却とは、住宅ローンの返済ができなくなった場合に金融機関の合意を得て売却することです。メリットとしては、通常の販売方法ですので、ご事情を知られることなく売却ができ、価格も市場価格で売却できます。デメリットは、債権者や保証人の同意が必要になりますので必ず成功するとは限らないところです。

また、売却しても借金が残る場合があります。そうなった場合の方法としては、①自己破産する(債権者への返済に注意が必要です) ②例えばですが「月々1万円での支払いで交渉する」など、この方法だと自己破産は免れます。

 

まとめ

任意売却について、簡単にご説明させていただきました。通常、住宅ローンの残債がある場合の売却はできませんが、任意売却も1つの方法になります。任意売却について調べるとき、いろいろ難しく書かれていると思いますが、住宅ローンの返済が厳しくなりそうなときは、滞納する前にまず相談することです。あれこれ調べていると日にちだけが過ぎていきますので、早めの対策をおすすめいたします。