家を売る前にリフォームは必要ですか?

住宅を売却されるときに、リフォームして売るべきなのかを迷われるかたも多いと思います。確かに、リフォームして綺麗にして売った方が印象はいいでしょうがデメリットもあります。リフォームして売却できても、リフォーム費用でかかって、売主様が損をしてしまったら意味がありません。

 

中古住宅を購入する人はリフォームを求めていません!

中古住宅を購入される方は、自分でリフォームをしたいから中古住宅を買います。中にはリフォームされた綺麗な中古住宅を探されている方もいます。それはリフォームに手間をかけたくない人です。たとえ、リフォームしたとしても好みが分かれます。特に壁紙などは売主様の好みが強すぎた場合、その好みに合う人は多くいません。中古住宅を購入する人は、自分の好みで壁紙も床もキッチンも選びたいのです。それが楽しみでもあります。そして、ほとんどの方がリフォームはせずに売却されています。無駄な出費にならないようにしてください。

 

リフォームはしなくても修繕は必要です!

修繕とは、破損した箇所を回復させる作業です。いくら中古住宅であっても壊れているものを買おうとは思いません。また、修繕せずにそのまま売りに出しても、購入者様は必ず壊れた箇所を指摘して値下げを求めてきます。万が一、気づかれずに売却できたとして、後で見つかったとき、瑕疵担保責任が生じます。ここは素直に修繕をしておかれたほうが気持ちよく売却できます。

 

リフォームをするとすれば…

あえてリフォームをするならば、水回りです!特に女性は水回りを気にします。トイレと洗面だけでもかなり違います。そして、可能ならば「ハウスクリーニング」をされるといいです。

 

中古住宅は新築にはない魅力があります

中古住宅には、長い間、大切に使われてきた温もりがあります。古くても手入れの行き届いた木の温かみなど、新築にはないものです。中古住宅を購入される方の中には、そのような温もりを求めている方もきっといます。