空き家にしておくことの危険性

空き家とは、誰も住まなくなった建物のことです。人が住まなくなった建物は急速に劣化していきます。空き家になり、そのまま放置することでさまざまな問題が発生することで「空き家問題」といわれ社会問題になっているのが現状です。

 

空き家のリスク

長い間、空き家のままの状態が続くとどのようなリスクがあるのかご紹介いたします。下記のようなリスクで第三者に損害を与えた場合は損害賠償請求を受ける可能性もあります。

不審者の侵入

所有者が遠方に住んでいたり、誰も来ないような家は不審者に狙われやすいです。また、家の中に家財道具などある場合はいつの間にか知らない人が住みついていたと、実際に不審者が寝泊まりしていた例も報告されています。

近隣トラブルの原因に

老朽化した建物を放置することで建物が朽ちて倒壊し、景観を損ねて周辺の建物の資産価値までも低下させます。また害虫や害獣の発生、庭木の枝が伸びて隣地との境界線を超えるとトラブルの原因になります。

固定資産税の増加

建物が建っている土地は固定資産税の特例が適用され減税されますが、空き家を放置し、特定空き家に指定されると特例が適用されなくなり、維持管理費の負担が増大します。

 

空き家を放置すると

1つの例として、相続が発生し、「老後は実家に戻るかもしれない」と思い、1~2年は草むしりをしたり、掃除をしたりと定期的に管理をしますが、やがて、交通費はかかるし、時間と労力がかかるため、徐々に足が遠のいて「空き家の放置」になってしまいます。放置することで建物は老朽化し、庭は荒れ放題、近隣からは苦情があり、役所から通知が届くという流れになってしまいます。

空き家のリスクを防ぐには

相続で不動産を引き継いだ場合は、そのまま放置せずにご家族間で話し合い、「売却するか」「賃貸しするか」「定期的に管理をしていくか」を決めることをおすすめします。

空き家は、近隣トラブルや景観の悪化、衛生面、害虫発生のリスクだけでなく、犯罪の原因にもなりますので、「たかだ空き家」と思わずに適切な管理を行い、定期的な確認でトラブルを防いでください。